軟毛化現象って何なの?

軟毛化現象について

 

「軟毛化現象」という意味は、髪の毛が狭く柔らかくなる現象という特性がありますが、これと申しますのは、男性ホルモンが髪の成長を防ぐことで、髪が柔らかくなり、未熟な毛がいっぱいなることでなります。軟毛化現象と申しますのは、男性のは当然の事女性サイドにしてとりましても存在します。

 

はげたくないのです!!
■抜け毛が発生する原因

 

1.ぎとぎと地肌

 

必要以上に皮脂を発生させている状態で、毛穴がふさがれ、炎症を発症させ、髪の成長が妨げられ、薄毛・抜け毛が起こる。

 

2.ひえひえ地肌

 

血行不良をひき起こした頭皮を指し、栄養が行き渡っていないため、薄毛・抜け毛が起こる。

 

 

■地肌タイプチェック

 

次の1〜3に該当します人は「ぎとぎと地肌」タイプ、4〜6に該当します人は「ひえひえ地肌」タイプです。(どちらサイドにしてとりましても当てはまる人は両方の系統です)

 

 

1.夕方になるはずだと髪の毛がべたつく

 

2.脂っこい食べ物が好き

 

3.日傘や帽子を使わない

 

4.髪の毛がぱさつく

 

5.冷え性だ

 

6.歯ぎしりに手を出す

 

 

■「ぎとぎと地肌」ができる原因

 

ぎとぎと地肌が起きる原因は、脂ものの摂りすぎやデザートの摂りすぎによる皮脂量の増加と聞いています。

 

また紫外線を浴びた皮脂が過酸化脂質をもたらしてしまい、毛穴にこびりつき、髪が成長の邪魔立てをしてしまうため、薄毛・抜け毛のトリガーとなってます。

 

*毎日おんなじ分け目を付帯されている人と申しますのは、分け目から抜け毛が増えることがあります。

 

 

【ぎとぎと地肌解消法】

 

正しいシャンプーに手を出すこと。

 

1.お風呂でしたら頭をもちまして洗う(温まって毛穴が開き、皮脂がとれやすくなる)

 

2.生え際から頭頂部を狙って洗う(毛の流れに逆らって洗うといった毛穴に指が届きやすい)。注意するポイントと申しますのは、頭皮を傷つけないらしい指の腹で洗うこと。

 

 

■「ひえひえ地肌」が発生する原因

 

1.長時間冷房環境で過ごすこと。

 

冷房による冷えで体の末端ということを指します頭頂部の血行が快活でなくなり、頭皮が血行不良となる。

 

2.歯の不調

 

歯のかみ合わせが悪いことや歯ぎしりで頭頂部に至るまでの血流低下に陥る。

 

 

【ひえひえ地肌解消法】

 

●頭皮血流アップマッサージ

 

親指の腹を耳の前側に、残りの指を頭頂部に置き、全ての指を後頭部に関しては引っ張るようにスライドさせる。朝晩5回ずつ行なって下さい。

 

 

■【最新研究】抜け毛予防にカプサイシン+イソフラボン!

 

最新研究では、カプサイシンという大豆イソフラボンを同時に摂取することで、毛髪の成長期が延長し、薄毛で苦悩している男女の80%に改善傾向が見られたそうです。

 

これと申しますのは、カプサイシンの血行促進効果といったイソフラボンの女性ホルモンを助ける効果によるものと言われるのは考えられています。

 

カプサイシンといったイソフラボンを同時に摂ると、IGF-1と噂される物質が弱った毛乳頭を活性化。抜け毛を防いだり毛髪の成長を促進してくれるそうです。毎日大豆と唐辛子を組み合わせた料理を食べるという良いそうです。