毛根が死滅する原因とメカニズムについて

毛根が死滅する原因は何だかんだ考えられますが、頭皮にいる毛根が完全に死んでしまうと、
医学をもってしても再生することは辛く、残念ながらその毛穴から再度髪が生えることはありません。

 

毛根が死滅って怖すぎ

 

「毛根が死滅始める」という言葉が意味するのは、頭皮における「毛根周辺の重要細胞が死ぬ」ということで、
今いやに危機を感じている人も、自分は大丈夫と考えている人も、早めの対策を食べることで、
どっちみちいらっしゃるかもしれない毛根の死滅を回避することができます。

 

毛根が死ぬメカニズムを分かり予防や対策を練ることが最も大切なのです。
ここでは、毛根が死滅講じる原因や対策などを細かくご紹介行なう。

 

「毛根が死滅した」とはいかなる状態?

 

頭髪には寿命があり、最大6年程度で自然に抜け落ちてはまた生えるという「毛周期」があります。
頭皮の毛穴には、一番奥に起こる袋状の組織「毛包」と「毛乳頭」という毛を調べるための組織が存在。
毛乳頭で作られ伸び、頭皮から出た先の部分の髪には長い・少ないに関係無く生きた細胞は一つも無く、爪と同じように退化したものになります。

 

つまり、髪は自分の力であるのではなく、毛根から押し出されてあるのだ。
こういうメカニズムを知れば、髪が細くなったからと、髪に栄養を与えたとしても髪が栄養を吸収することがないとわかります。髪にとっては頭皮の奥に起こる「毛根(毛包)」と「毛乳頭」が全てであり、髪の源なのです。

 

髪が抜けてもまた新しく生えるというサイクルは、こういう毛包や毛乳頭が健康だからだ。様々な要因で「毛包」や「毛乳頭」がなくなってしまうと「毛根が死滅」してしまい二度と髪が生えることは再びないのです。

 

「毛根が死滅」する原因は?

 

毛根が死滅するのは、なんらかの原因で毛細血管が傷つき血液や栄養が届かなくなり、毛乳頭が弱って赴き死滅してしまうことが原因と考えられます。
もう一つは、加齢や生活習慣や食生活の乱れからくるもので、これらは両者とも早めに対策することで、毛根の死滅を遅くすることが可能だ。